スカイマークご利用に際はお早めに!チケットが無くなります!

スカイマークご利用に際はお早めに!チケットが無くなります!

旅行や出張をする時には飛行機を使う機会が多くなると思います。
日本では国内線で簡単にどんな場所でも行けるように就航数も増えつつあります。
飛行機のチケットの多くは、「普通運賃」というものがベースになり、そこから割引が発生して購入出来るようにもなっています。
では、出来るだけお得なチケットを購入する為のコツなどはあるのでしょうか?また販売枚数がすぐに終わってしまうような人気のチケットはあるのでしょうか?調べてみましょう。

人気のチケットは枚数が限定されている

スカイマークサービスセンター
国内線で人気のスカイマークですが、「普通運賃」と他にも様々な割引プランを用意しているとてもお得な航空会社とも言われています。
時には期間限定でキャンペーンをして安くてお得なチケットを販売する時もあれば、早くに予約をすれば割引が受けられるという「前割1」「前割3」などがあります。

しかしこのようなキャンペーンチケットには売られる枚数が限られている為、その座席数が終了してしまうと「普通運賃」で購入しないといけなくなってしまいます。

早めの旅行プランがおすすめ

スカイマーク搭乗口

このように「割引」を利用したい!と思っているのであれば、出来れば早めの旅行プランを立てる事をおすすめします。
仕事などで先にスケジュールが分かっている場合や、有給がもらえる事を確認が出来るのであれば分かった時点でスカイマークのチケットを予約すると合理的です。
事前にスケジュールを管理出来るような人はよりお得に飛行機で旅行が出来るのだと思います。
また、出張などでも事前に決まっている場合は先に「前割3」を使っておくとよいでしょう。
それでしたら経費も少しでも浮かす事が出来るので、会社の為にもなります。

座席の残り数などはスカイマークのオンラインページで確認する事が出来ます。
空席あり、20席未満、少なくなってくると残り座席数が表示されるようにもなっています。
また、満席になってしまった場合は残念ながら予約をする事は出来ません。
しかしキャンセルが出る可能性もあるので、それを待つという方法もあります。

人気の路線などはあるの?

スカイマーク機

スカイマークでは、日本国内でしたら、「新千歳」「茨城」「羽田」「名古屋」「神戸」「福岡」「長崎」「鹿児島」「那覇」を運航しています。
そして特に人気の路線は「羽田」から出発する便や、着陸する便になります。
「羽田」からですと、「新千歳」「神戸」「福岡」「長崎」「鹿児島」「那覇」に行く事が出来ます。
東京への出張が多いビジネスマンであったり、東京ならではのテーマパークへ遊びに行きたい!という人たちにスカイマークは人気なのです。

予約はスカイマークの公式ホームページから簡単にする事が出来るのですが、方法を紹介しましょう。
ホームページの左側に空席照会・予約という欄がありすぐに見つける事が出来ます。
そして出発地、到着地、搭乗日を入力するだけで空席照会を見る事が出来、片道料金や座席数の残りも同時に見る事が出来ます。
そのまま選び、入力をすすめば購入まで出来るのです。
主にクレジットカードのお支払いになるので、ポイントも貯まっていいですよね。

またオンライン予約は苦手!という人もいると思います。
そんな時は旅行会社などで飛行機のチケットを手配する事が出来るので、スカイマークのチケットも予約が出来ます。
この際では、現金払いでもクレジットカード払いでも選べます。

飛行機は「普通運賃」よりも「割引」の時代です

スカイマークのキャビンアテンダント
今の時代では飛行機の支払いを「普通運賃」で支払っている人は少ないかもしれませんね。
それくらい飛行機には割引が適用される時代になっているのです。
その中でもスカイマークはお得で安いチケットが探す事が出来ると人気があるので国内旅行をする場合はぜひチェックしてみましょう。
そして、旅行プランを早めに決めればさらにお得な割引を受けられる可能性もあるので、しっかりと比較してみるといいと思います。

PRサイト

■タイトル:スカイマーク(SKY)の格安航空券予約ならエアトリ
■URL:https://www.airtrip.jp/sky/